坐骨神経痛 椎間板ヘルニア|腰痛や肩こり、原因不明の症状でお悩みなら東大阪市のリアル・カイロプラクティックオフィスへ

  • 0667245511

    定休日:日曜、祝日

    • アクセスマップ
    • お問い合わせ
  • 簡単予約

ブログ

坐骨神経痛 椎間板ヘルニア

 

坐骨神経痛 椎間板ヘルニア

上の図は今回私が患った椎間板ヘルニアの説明図です。

1月15日からの坐骨神経痛&椎間板ヘルニアで症状は治まったものの朝起きた時はまだ激痛が走る。

漸く、今日の朝は痛みが無くなった。私の体をもって確信できたのは、当初、坐骨神経痛は骨盤の右側関節の歪による上双子筋と梨状筋の収縮ならびに腸骨と仙骨の歪の影響で坐骨神経を圧迫していると考えていたが、こればかりは自分の体を自分で検査できなかったので想像だけで骨盤の矯正を少し試みたが何の変化もない。

次に行ったのがヘルニアの検査をした、陽性であった。朝が一番痛いことからやはり椎間板の炎症がありどうも右側にはみ出しているようであった。

カイロプラクティックをしているので、自分の状態は自分が一番よくわかる、整形外科に行っても大した治療はしてくれない。へたをすれば手術を薦められる。私の状態は癖の悪いヘルニアではなく椎間板のはみ出しも髄核までははみ出していない。したがってカイロプラクティックで十分回復するはずである。

そもそも、ヘルニアと診断された患者さんで、いままで本当にひどい状態で手術が必要だったのは今までい1例だけしかお目にかかったことはない。

1週間自分でできるヘルニアの矯正を行った、5日目ぐらいでほとんど痛みは無くなったが、起床時に激痛がはしる、8日目でそれも無くなり、安定している。

ヘルニアや急性腰痛(ギックリ腰)は一時痛みが強く、心も不安になり慌てるのだが、決して慌てる必要はない。

正しい施術をすれば、薬も手術もなしで治るものである。

再発しないように、軽い矯正を加えている。症状が無くなってから何よりも大切なのはメンテナンスである。痛みが有ろうが無かろうがメンテナンスをすることにより更に健康のレベルを引き上げることができる。

リアル・カイロプラクティック

大阪府東大阪市

代表 広瀬佳伸

(近鉄大阪線・JRおおさか東線)俊徳道駅より徒歩5分
(近鉄奈良線・JRおおさか東線)河内永和駅より徒歩6分
(近鉄大阪線・奈良線)布施駅より徒歩15分

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る